声の下書きたち

東大→東大院。最近考えたことなど。

ふぁーすとでい

はやく行ったけどやっぱりそんなにはやく行く必要はなかった。

事務手続き担当の人たちってなんでみんな人当たりがいいんでしょう。一般職?

ぼくは向いてないな。

 

挨拶しまくり、何回よろしくお願いしたことやら。

 

まともな時間に帰れてよかった。

初日から残業代ついた人もいたらしい。

ダンガンロンパ未来編10話






「生死が確定していない(可能性が高い)キャラ」について考える

・雪染
・霧切さん
・(ボクサー)

ぐらいか。
OP最後の生存人数は葉隠(、十神)と月光ロボのカウントが不明なので気にしてもしょうがないので気にしない。

(A1) 雪染生存 or (A2) 死亡
(B1) 襲撃者は複数人 or (B2)一人
で考えてみる。
(A2) は
(A2-1)雪染の死は自殺 or (A2-2)他殺
に派生。

ついでに
(C1)霧切さん生存 or (C2) 死亡
というのも。

(A1)雪染生存パターン

(A1), (B1)
雪染生存・襲撃者複数人。
トンデモパターン。
これはどういうことなんだ?
雪染が生きているなら彼女が襲撃者でいいと思うけど。
本当に殺したいとき以外は隠れていて普通に起こした襲撃者に任せているということかな。
カモフラージュのために。
描写されない部分に知らない人間が多すぎてよくわかんないなこのケース。

天願さんが準備した施設とシステムを絶望たる雪染が乗っ取って活用している。
目的は希望の殲滅とか? 一気にやらないのは絶望墜ちさせたいからか。

(A1), (B2)
雪染生存・襲撃者一人。
ダンロン1パターン
最初に死んだ(はずの)雪染が襲撃者という1を思い出させるわかりやすいやつ。
雪染が襲撃者じゃないパターンもある?
御手洗とか。

(A2)雪染死亡パターン

(A2), (B1)
雪染死亡・襲撃者複数人
トンデモと論理性が程よいバランスパターン。
襲撃者は毎回変わる、誰かを起こして絶望アニメで洗脳して殺させるか、起きた人のNG行動が「襲撃をしない」とかであるとか。

(A2), (B2)
雪染死亡・襲撃者一人
完全別黒幕パターン
すべての情報を素直に受け取るとこれになるのかな?
御手洗がNG行動によって夜の間に誰か殺さなければならないとか。


ここで
(C1)霧切さん生存 or (C2) 死亡
を追加する。
といっても死んでたらあまり話は変わらないので (C1) を考えるわけだが。

(C1-1)
霧切さんは腕輪から毒が出たけどなんらかの手段でそれを回避し(て今は仮死状態かなにかになっ)た。
特にない、最後に探偵してくれるだろう。
特にないというのは考えることがないということであり、これに関して黒幕側の思惑が存在しない(霧切さんの思惑が存在する)ということでもある。

(C1-2)
霧切さんの腕輪から毒は出ていないけど死を装っている。
つまり四回目じゃなくてまだ三回目。
つまり雪染は襲撃者によって殺されたわけではない。
この場合、(A1) 雪染生存説をとっても「雪染の死が襲撃者によるものだ」と誤認させるメリットが特にないと思う。そもそも生きてること自体が予想を裏切っている(誰に向けての裏切り?)から。

霧切さんがこれをやって騙せる人間とは、この人狼もどきゲームを仕組んだ人以外である。
仕組んだ人は何回目の襲撃タイムかということは分かっているはずなのだ。
そうすると誰を騙したいのさということになるんだが、一つは苗木くん(と宗方)だろう。自分の死をきっかけに和解とか話が進めばというところ。
もう一つは黒幕である。つまりこの人狼もどきゲームを仕組んだ人(たぶん天願さん)≠黒幕なのだ。仕組んだ人は死んじゃった。

んでこの (C1-2) がどう組み合わさるのかだけど、よくわかんない、眠くなって来た。
気が向いたら明日。

ダンガンロンパ3未来編第9話 / 考える意味のある事は何か?・黒幕を予想する

ダンガンロンパ未来編について考えます。
いま第九話を見ながら書いてる。
1と2はクリア済、他はなんもやってない。

スタンスとしては細かいことを調べるのが面倒くさいので大まかな事考える。

一応ネタバレあると思う。






そもそもこれをミステリィとして考える事にどれほどの意味があるのかという気はするんですが。
アンドロイドゲッコウガはもちろんだけどそもそもモノクマなどの明らかに現代より発達したテクノロジーがあるし(オーバーテクノロジー問題)、超即効性の睡眠薬とか毒もだし。
そもそも1からして入れ替わりだし、2は仮想世界だし。

ノックスも「探偵は読者に提示していない手がかりによって解決してはならない」と言っていてここら辺も守られてないし。



じゃあ何なら考える意味があるのさという話なんだけど、一つは意図・動機
いくらオーバーテクノロジーがあろうと、意図がなければその技術も使われないはずなので。
「絶望する」が動機ですって言われると厳しいんだけど。モナカちゃんは特に動機はなかったみたいですし……
まあそれはどうしようもない、僕は絶望ではない(はずな)ので、彼ら彼女らの行動原理はわからない。

もう一つはメタな話だけど視聴者の納得。

考える

まず「建物に閉じ込めることを企画した人」と「モノクマ(殺人ゲームを企画した人)」は別の存在と考える。

根拠は二つぐらいある気がする。
・外部へのテレビ放送をしていないから→殺人ゲームに意味があるとすれば希望の醜態を全世界に放送するということが大事なのでは。(「絶望する」が動機ですって言われると厳しい
つまり閉鎖空間につっこまれていい機会じゃん! やっちゃえ! ってなった、ということ。
・閉じ込めから殺人ゲームまで一人でというのは非現実的だから→オーバーテクノロジーでどれぐらいやっていいのか問題あり。

「建物に閉じ込めることを企画した人」は誰なのかなって思うと、宗方か天願、二人の会話を真に受けるなら天願。あんなことが出来る権力がある人はその二人ぐらいかと。
動機は「苗木くんが絶望なのか希望なのか確かめるため」とか、みんな忘れてそうだけどそもそも苗木くんがここに呼ばれたのは(そしてこのアニメが2の続編の3であるのは)これが理由だった。または「未来機関内の絶望内通者を見つけるため」とか、後者だとすると逆に利用されていてダサい。宗方くんは疑心暗鬼に陥ってどんどん殺してるんだ。

これが正しければ彼(ら)は別に人を殺したくてやってたわけではないのだ。

で、どこまでその彼(ら)が企画してたのか、というところだけど、よくわからん。
閉じ込めた人たちは人狼もどきゲームをするところまで企画していたのかな、と思うけど。
「苗木くん(と霧切さん、朝比奈さん)や絶望内通者になんらかのストレスを与えて本当のことを言わせる」ことが目的だった場合、死ななくてもいいのだけど死ぬと思わせた方がいい。
従って例えば当初のルールではNG行動は死ではなく退場とかだとすればモノクマがやったのはそれを即死に変えただけ、ということになる。

話が飛びまくるんだけど、「モノクマがやったのはそれを即死に変えただけ」ということにどんな意味があるのかというと、モノクマは用意されたものを利用した度合いが大きい方が視聴者(というか僕?)の納得が強いのである。閉じ込めから全部モノクマがやりました! っていうとあの世界の中では仮想現実まで作れるほどの技術があるからそうでもないんだろうけど(現実と比較しての)現実性が薄すぎる。(オーバーテクノロジー問題


ここまでまとめると
(誰も知らないはずの)未来機関の基地に集まったみんなが閉じ込められてしまったのは天願さんのせい
そしてその意図は
苗木くんが絶望なのか希望なのか確かめるためまたは未来機関内の絶望内通者を見つけるため」
ということです。


「モノクマ(殺人ゲームを企画した人)」は誰なんじゃということなんですが。
普通にわからん。
そのうちまた書こうかな。
雪染さんかアニメーターか。




ここまで書いてタイトル呼んで、黒幕予想してないじゃん! ってなった。
天願さんの計画が狂ったのは(これで計画通りだったすごい)
・最初に人が死んだとき
・それ以外
でわけて考えるかなあ。

一話二話ぐらい見返そうかな。
しかし農家は不憫だな……


絶望編とのからみを考えると、お菓子職人鍛冶屋薬剤師トリオは未来編でも絶望編でも出番が終わっていて大変かわいそうである。
ここから本筋に絡んでくる事はないんじゃなかろうか……?

野球データをいじってみる / 順位・勝率と相関が高いものは? セ・リーグ打撃編

データをいじってみよう。

NPBのデータはネット上にたくさん存在している。
MBLもあるんだろうけど、英語で探すのが面倒なので日本のでやる。
データはヌルデータからお借りします。

ヌルデータには各球団の順位・勝率・安打数といった基本的なところから二塁打打点敬遠盗塁などなど、たくさんのデータがある。
もっと見たらたくさんあるんだろうけど、最初なのでここでやってみる。

※この解析(?)に何の意味があるのか?
楽にゲットできる細かくないデータをおおざっぱに見ているだけである。
BABIPとかWARとかよくわからない細かいセイバーメトリクスもたくさんあるけど、それは時間かかるし、何より細かいことは苦手なのでやらないことにする。
作用機序よりは入力と出力に興味がある。

順位・勝率と相関が高いものは?

結果。

f:id:safield:20160820183039p:plain

※順位は良いほど小さく勝率は良いほど高いというのがややこしいので、順位にはすべてマイナスをつけた。

関数は CORREL を使い6つと6つの相関係数を算出。

順位と勝率の相関は0.957、そりゃそうだという感じ。
勝率とゲーム差の相関にしたらもっと高くなる気がする。

打撃

すべての中で一番相関が高いのはHR。さすが野球の華。
塁打と打率も0.8に近い、とにかくベースに人間がいることが大事ということか。
併殺も負の相関で0.8ほどある、わかりやすい!
二塁打は負の相関がある、ホームランの入り損ないが二塁打になるからな気がするけど、どうだろう?
内野安打・内野安打率も負の相関だ、広島と巨人が低いだけかな。ここらへんもパ・リーグをみていきたい。
犠打・犠飛は特に相関が大きくはない、スタイルの問題ということかな?

走塁

盗塁と盗塁死はどちらも0.6ぐらいの相関。そして盗塁成功率はあまり関係がなさそう。
これは首位の広島が盗塁が多いということの表れであって、盗塁が多いチームが強いという方向ではないのかな。
パ・リーグも見てみたらわかるかも。

その他

打席と打数は特に相関がない、当たり前か。
三振・四球もないというのは謎である。打率の他に出塁率のデータも欲しいなあ。
捕逸が正の相関があるのはちょっと面白い。

最近似ていると思った曲 / ダンガンロンパとまどマギ

最近似ていると思った曲


ひとつはこれ。

『カミイロアワセ』/binaria
ダンガンロンパ3 The End of 希望ヶ峰学園 絶望編』OP

youtu.be

映像もおしゃれでいいよね。


もうひとつはこれ。ぜんぜん最近の曲ではない。

『and I'm home』
魔法少女まどか☆マギカ』第九話ED

youtu.be



多分ロ短調
「らしっらしっらしっらしっ……」というギター(多分)がとても耳に残る曲。
二拍目と四拍目の裏にも音が入ってると思うんだけどあまり聞こえない。

f:id:safield:20160819215736p:plain




アーティストについて、
美樹さやか喜多村英梨)、佐倉杏子野中藍
と書くのがいいのかとも思ったが、作詞や作曲が別にいるのでどう書くか迷ってしまった。
『カミイロアワセ』の方は binaria が団体っぽかったので作詞と作曲もそれかなと思ってそう書いた(確認してはいない)。


ていうかここまで書いて聞き直したらあんまり似てない気がして来た。
似てるのって歌詞で言うと「触れられない未来」のとこだよな。
『カミイロアワセ』のAメロあたりは『あの夏で待ってる』とかそこらへんの曲に似てる気もする。

映画『シン・ゴジラ』 / ただの感想

考察などはできないので、本当に感想を書こうと思う。
一介の大学院生がどういう感想を持ったのか、ということだけ。

一応思った順に書こうと思うが順番が前後しているかもしれない。

・海から始まるんだ。
54年ゴジラもそうだったかな?

・実際海底トンネルで海水入って来たら相当パニックだよな、普通に死ぬんじゃないか?
アクアラインって海の下にあるんだっけ。

・政府って全然決められんな。
「それ、どの省庁に向けて言ってます?」みたいなセリフと「だからカンペ通り喋ってくださいと」「断言しないと国民は安心しない!」みたいなセリフが印象に残った。

・大臣も大変だし官僚も大変だ。
大臣は、自分で調べずに手元に来た紙を信用するしかないんだよな。それはとても怖い事だと思う。

・上陸した生物がゴジラっぽくない。ちょっとキモい。
もしかしてバラゴンみたいに他の怪獣も出るのか? →でない、最終形態はかっこいい。

環境省の人に代表される巨災対の人たちがいい。
尾頭ヒロミ環境省自然環境局野生生物課課長補佐 (どっかから適当にコピペ) にしても文科省の人にしても生物学者にしてもみんないい。それをまとめる矢口さんも。むしろこのタイミングで人事査定とか気にしてたらすごい。
あとおにぎり作ってくれるおばちゃん。

ルー大柴
ガッズィーラ。
尾頭さんとの対比を勝手に感じた。

自衛隊のヘリ操縦者から首相まで連絡が行く。
仕方ないよね、むしろあの時間までにあれだけ避難できてるのがすごいと思う。

ゴジラの熱線がすごい。
貫通能力すごいよ。今までのゴジラは足下100メートル圏内を火の海にするぐらいの火力のイメージ (それでもすげーが) だったけど、あれで実際どれぐらい被害でてるんだろう。3区って言ってたけど。
洪水とか台風のときも思うけど、甚大な被害って言ってもそこに住んでない人は日常生活送れるんだね。

・朝の音楽が浮いてる。
ジャズみたいな音楽流れてびっくり、ゴジラが帰った次の日の朝だと思うけど。

ゴジラのテーマ!
ソがシャープだった、テンポが遅くてもどかしい。

・攻撃
大迫力ですね。武蔵小杉。

・首相のヘリが!
見終わったあとネットで「内閣総辞職熱線」という単語を見て笑った。
あの細い熱線がヘリに当たるってけっこう運が悪い気がする。
首相も最初は自分で決められない感じからたくましくなってきたところで退場となり残念。

・立川
立川で避難になってるのか……? 近くないか。

・泉さん喋り過ぎ。
矢口さんも含めて周りが手を動かしてるのに泉さんは喋ってるだけな気が、口を動かすのが仕事なのかな。

・6倍 (だっけ) の遺伝情報。
遺伝情報って何かわからないけどゲノムの長さだとしたらそれで人類を超えたとかなんとか言う事はできないだろう。サツマイモはヒトよりゲノムが多かった気がする。
あと個体だからゴジラの進化は進化ではなく変態だろう。そこらへんの用語とかはどうでもいいんだけど。
血液凝固とか細胞膜とかのあたりも専門の人が聞いたら間違ってることがあるんだろう。


だんだん思い出せなくなってきている。


・熱線
なんか表現がアニメチック (監督がアニメ出身ということに僕の考えが引きずられている?) だよね、口の奥から出てるというよりは口の中に光の球があってそこから出てる感じ。「滅びのバーストストリーム的」感。
しっぽからでるのもよくわからんし (どうでもいいが体の両端から同じ物質が出るとなると、ゲロを想像してしまう、ゴジラ的にもどっちかは食道炎になりそうなつらさがあったのかもしれない)。

・飛行物体を自動で撃墜
謎、熱線でてたっけ? どういう仕組みで撃墜してるんだろう。あとこの設定は何に活かされたんだ? 無人で作戦遂行が出来ないように?

・核、アメリカ、国連など。
ドイツとフランスがいい国じゃねーかという感想だった。
実際そんなにコネによる交渉って効くもんですかね。
かなり端折られてるから順調にぽいぽい進んでるように感じられた。

・新首相
元農水大臣、前首相が決断する人になってから退場してしまったので落差がうーんという感じだったが、やる人だった。

・無人新幹線爆弾、無人在来線爆弾。
あのBGM (地球防衛軍のテーマ?) はかなり好きなのでテンションがあがった、ので無人新幹線爆弾は笑うよりはかっけえ! って感じだった。無人在来線爆弾は笑った。

・経口投与
ちょっと絵面が面白かったけど笑う余裕はなかった。

・尾頭さんの笑顔。
あざとい。

・凍結ゴジラ
あのまま立ってるんかい! 観光資源になりそうだな、と思いました。

・エンディング
原曲ですかね。


最後の方ぜんぜん思い出せてないな……


・全体的な感想。
カットがぽんぽん変わる。
前半はカットの最後に笑いを入れてくることもあって、それもテンポよく次に進んでいてよかった。「ごめんなさい」とか「それ、どの省庁に向けて言ってます?」とか。
長いカットはルー石原が矢口くんに喋るところぐらい? あそこのカメラの引き方はよくわからなかった。


うん、全体としては官僚と政治家の人たちががんばっていて、日本全国から薬が来て、総力戦を描いていたかなと。
54年ゴジラはけっきょく博士一人が方を付けていたので。
科学への期待や信頼が弱くなっているのかな?

社会・コミュニティ

 地域コミュニティの活性化とか相互に関心を持つ社会とか
言いたい事はわかるけど、それをどうやって実現するんだろう。
古き良き日本をイメージしてるのかな、回覧板とか。

津久井の件に関する日曜ラジオ討論みたいな番組で言われていた。

古い日本に戻したいのだったら、現在までの変化を調べて、コミュニティの形成具合に影響を与えていそうなものピックアップする。
大量にありそうだけど。

そもそも人間の行動を変える、更には内面を変えるのはとても難しいと思うんだよなあ。
こうしろ! って言ってそう動く人なんて稀なわけで。
アーキテクチャ的規制とか、メタメッセージとか、そういうやつが面白い。